中野区の葬儀

中野区民が死亡した場合、公営の火葬場が存在しないため、距離が近い東京博善の運営する「落合斎場」もしくは「堀ノ内斎場」で火葬をすることになります。
そのため、火葬費用だけで5万円程度掛かりますが、その分、中野区から支給される葬儀の補助金が高く設定されています。※後述。
中野区を含む東京23区では、区民葬儀という葬儀を紹介しています。
これは、祭壇・火葬・霊柩車・骨壺をセット販売しているもので、3段階に設定されたランクから選べます。
過去に葬儀のぼったくりが激しいころ、苦情の相談が各区役所にありました。
そのような経緯を受けて、23区では区民葬儀という特殊なものを企画して紹介しています。
近年は区民葬儀の需要が年々減少しています。
といいますのも、区民葬儀には葬儀に必要なものが全て含まれている訳ではありません。
ご安置する場所や葬儀をする斎場、自宅飾り・枕飾り・仏衣・会葬礼状・ドライアイスなど、葬儀をするためには様々な葬祭品が必要になります。
それらは必ず必要であるため、区民葬儀とは別に用意をしなければなりません。
それを準備するのが民間の葬儀社なのですが、そもそも区民葬儀は区役所の人間が葬儀をしてくれるのではなく、民間の葬儀社に対して区民葬儀でお願いしますと言って注文するのです。
区民葬儀を実際に施行するのは民間の葬儀社なのです。
そのため、葬儀に足らない部分は必然的にその葬儀社にお願いをすることになるのですが、当然、区民葬儀に含まれていないものは各葬儀社が自由に値段を決めてよいものです。
この裁量によって、結局割高な葬儀を施行することになるのです。
葬儀を依頼する人は、区民葬儀だからと安心していますが、結局は民間の葬儀社に依頼をしているので、通常の葬儀を何ら変わりません。
近年のインターネットの普及により、葬儀の価格の透明化が進んでいます。
家に居ながらにして、葬儀費用の相場が分かる環境が整ったからです。
このように葬儀業界のトレンドが変わる中、人気を集めている葬儀社が「心に残る家族葬(http://www.sougiya.biz/)」です。
直葬で17万5千円、告別式を執り行う一日葬で33万5千円、通夜・告別式を執り行う家族葬で49万5千円と格安で葬儀が出来ます。
この中には、葬儀に必要な生花祭壇・お棺・お棺用布団・仏衣・収骨容器・自宅飾り・枕飾り・ドライアイス・寝台車・会葬礼状・焼香設備などの葬祭品はもちろん、火葬料・斎場使用料・ご安置料・役所手続き代行・葬儀スタッフなど、通常別料金になるものを全て含めた総額表示のため、追加費用の心配が無く安心して葬儀が出来ます。
下記の公式サイトには、実際に心に残る家族葬で葬儀を施行した方から頂いたアンケート用紙が多数掲載されています。
是非、ご自身の目で葬儀プランの内容や、実際に利用した方の評価を確認して下さい。

中野区 葬儀|心に残る家族葬
中野区 葬儀|心に残る家族葬

葬儀の補助金の支給

国民健康保険・後期高齢者医療の被保険者が死亡した場合、中野区から葬儀の補助金(葬祭費)として7万円が支給されます。
これは全国的に見ても、とても高額の葬祭費です。
社会保険に加入していた方の場合、「埋葬費」という名目で加入していた保険団体から支給されます。
注意が必要なのが、「申請をしないと貰えない」という点です。
保険証を返還する際には、忘れずに申請をするようにしましょう。
葬祭費

亡くなった後にすべき事

死亡届の提出

死亡届は、死を知ってから7日以内に提出することが義務付けられています。
※外国で死亡した場合には、90日以内となっています。
死亡届を提出する際には、火葬を執り行う斎場を決めておかなければなりません。
通常は、落合斎場か堀ノ内斎場ですが、その時の空きの状況もあるので、念のため確認をした方が良いでしょう。
死亡届の提出義務は、ご遺族だけでなく、故人の近親者や、故人が住んでいた家の大家さんにまで波及します。
人の死は重たいものですし、尊厳を持って取り扱われるべきものです。
他人の死でも、死を知らん顔しないで、警察を呼ぶなりの対応をすべきでしょう。
死亡届

遺族年金

国民年金の加入者が60歳未満で亡くなった場合、何かしらの遺族年金に該当している可能性が高いです。
最も確率が高いのが、死亡一時金です。
これは、国民年金に3年以上納付をしていて、年金の給付を受けることなく死亡した場合に、そのご遺族に支給されるものです。
最低12万円・最大で32万円が支給されますが、それまで積み立てた年金と比較すると、積立金の一部が返還されてくるイメージです。
遺された奥さんがいる場合、「寡婦年金」が該当する可能性があります。
寡婦年金は、第一号被保険者として25年以上国民年金を納付していた方が年金を受給することなく死亡した場合に、その奥さんに支給されるものです。
その他の支給の条件として、婚姻歴が10年以上というものがあります。
本来、夫が受け取るはずだった老齢基礎年金の3/4を60歳から65歳の間、受給することが出来ます。
その他、「遺族基礎年金」というものがあります。
これは、遺された子供がいる方の年金で、その子供が経済的な不利を被らないようにするための制度です。
子供が18歳になるまで(障害者1級・2級の場合は20歳まで)年間786,500円+子供1人につき226,300円(3人目以降は75,400円)がその世帯に支給されます。
国民年金に加入中に2/3以上を真面目に納付していた方が対象になります。
何れにしても、遺族年金の受給条件は複雑ですので、故人が60歳未満だった場合には、中野区役所に相談をしたほうが良いでしょう。

忌明けにすべき事

仏式の場合には、「年忌法要」といい、決めれらた年の「祥月命日」に、ご遺族や近親者で故人を供養します。
仏式では、一周忌・三回忌・七回忌・十三回忌・十七回忌・二十三回忌・二十七回忌・三十三回忌・五十回忌・百回忌と決められています。
ただ、熱心な仏教徒でない限り、全ての法要を執り行うことはしません。
十三回忌までを行って、あとは三十三回忌で弔い上げをするケースが多いのが現状です。
三回忌には注意が必要です。
三回忌は一周忌の翌年、つまり2年目の祥月命日に執り行います。

神式の場合、法要を「霊祭」と呼んでいます。
特に、祥月命日に執り行われる霊祭を「式年祭」と呼んでいます。
その間隔は、1年、2年、3年、5年、10年、20年、30年、50年となっています。
50年以降は100年ごとに執り行うことになっています。
一年目の霊祭を1年祭と呼び、特に厳粛に執り行われます。

このページの先頭へ